高木貴行 決意・政策
しがらみのない政治で岐阜県を変えていきます

既成概念を取り払い
伝統文化は守りつつ、新たな政策にチャレンジし
「共生社会」の実現に努めます。

基本政策

人口減少・高齢化社会に

人口減少・高齢化社会に

人口減少・高齢化社会に対応できる岐阜県づくりを加速します。

岐阜県の人口は200万人をきり、2045年には150万人と今後30年弱で26%減少し、65歳以上の人口は2045年には38.5%となると推計されています。
この少子高齢化に対応できる岐阜県づくりの具体的な提言を行っていきます。

徹底した情報公開

徹底した情報公開

地域に開かれた岐阜県政のために、
徹底した情報公開に務めます。

私は、駅前での街頭演説、議会の報告などを県政だより『蒼風』を定期的に全戸配布し、SNSでの発信など顔が見える活動を行ってまいりました。
県政は皆様の生活に密着している案件が多く、情報共有を積極的に行うことが議員の義務だと考えています。
無所属として、議会や行政にしがらみのない政治家による大胆な提言を基本としています。
徹底した情報公開

育児と勤労の両立

育児と勤労の両立

働きながら子育てができる環境の整備を進めます。

様々な環境での教育格差に対応してまいります。幼保無償化に該当しない保育等への県の支援による格差の解消。学校現場の意見と、子育て世代の意見を元に、今できることから手を打っていくことは、未来の世代となる子供たちに回避できない責任だと思います。

スポーツ振興と子どもたちの未来

スポーツ振興と子どもたちの未来

スポーツ振興を通じて子どもたちが未来に希望の持てる岐阜県づくりを目指します。

さらなる少子化の進展を見据えた、県立高等学校運営の在り方を、県の方針を正してまいります。外部人材を活用した教員サポート体制の整備を行い、指導者の在り方をマニュアル策定などで検討していくべきと考えています。
また、文化行政の取り組み方、文化財の活用方法を考え、伝統的な岐阜県づくりも目指してまいります。
スポーツ振興と子どもたちの未来

高齢者のための地域整備

高齢者のための地域整備

高齢者が安全・安心を実感できる地域整備を進めます。

未来の不確かさは残念ながら増してきているように思います。より、正確な情報を皆様にお伝えし、どのようにして生活の安定と向上を図っていくのかが、私に問われている責務だと考えています。
医療保険等における世代間格差、高齢ドライバーの交通事故防止対策、若い世代が祖父母や両親の介護を担わざるを得ない家庭が増加していることへの支援策。このような要望をしてまいります。

主な実績

主な実績

高校教職員の多忙解消対策

教職員の働き方改革の推進策として、「高校での外部人材を活用した教員サポート体制整備」について県の方針をただし、単独で部活動の指導や大会引率ができる非常勤職員「部活動指導員」を、2019年度にも新たに取り入れる方針が示されました。